▼米沢牛について
川西町の「玉庭村郷土史」に、米沢牛の由来について次のように書かれています。

「明治三年、米沢興譲館英語講師英人ヘンリー・ダラスがコックの万吉を横浜から同伴し、牛肉の料理を米沢界わいに広めた。そして、米沢を去る時、万吉は米沢に居残り「牛方」という肉屋を開業して住んだのが米沢での肉屋の創業である。 ダラスが米沢を去る時、米沢の牛がとてもうまいと言うので、玉庭から黒牛三頭を買って戻った。 (中略)何れにしても玉庭牛は古くから美肉を産したもののようである。」

このことにより、米沢牛のおいしさが口々に伝わり、全国へ高い評価が広がるきっかけになったと言われ、 川西町産の米沢牛のおいしさを物語っているものです。

→画像[ ]
2007/09/29 09:14:kawasho

HOMEへ

(C)川西町商工会